自家製育毛剤で期待された効果は全く感じられなかった

色々しらべている中で、特にみかんの皮とまいたけには期待ができると考えていました。
「みかんの皮」には、精油成分であるd-リモネンが含まれており、この成分はAGAの原因である悪玉男性ホルモンを作りだす酵素「5aリダクターゼ」の働きを抑制させる効果があるとされています。また「まいたけ」にはβ-グルカンという成分が含まれており、5aリダクターゼの働きを抑制させると言われていますし。 髪の毛が生えずとも、抜け毛が減れば。。と考えて約3か月ほど使用してみましたが、全くと言って良い程実感できる効果は見られませんでした。

その他、私は頭皮が乾燥することが多かったため、にがりの新陳代謝を高める効果や、たまねぎの皮に含まれるポリフェノールの抗酸化作用や血行促進作用を期待して配合しましたが、これも全くと言って良い程改善された実感はありませんでした。フケも出放題でした。。

自家製育毛剤で効果がなかった3つの原因

自分なりに自家製育毛剤で効果が出なかった原因を考えてみました。おそらくこの3つの原因に分類されると思うので、自家製育毛剤にチャレンジしてみようと考えている人はこの意見を参考にしてみてください。

自家製育毛剤は作るまでに手間と時間がかかる

作り方はシンプルなのですが、材料をしっかりと乾燥させる必要があり、その際にカビが生えないように頻繁にチェックする必要があります。また、出来上がるまでに約1ヶ月かかることも実は結構めんどくさかったです。正直やめる理由の一つになったかと。

においが臭い

材料にはたまねぎの皮やみかんの皮、まいたけ、生姜など、独特のにおいを持つものが多く、それを一つに配合したためかなりキツイにおいがしていました。洋酒とはちみつが頑張ってくれていたのですが、まいたけが本当にくさかった。ぐっと一気に吸い込むと正直咳き込むほどでした。。これもやめる理由の一つになりましたね。3ヶ月もよくつづいたなと。

育毛効果を感じられなかった

市販の育毛剤ならば、1か月ほどすると徐々に実感できる状態になるものが多くありますが、この自作育毛剤はニオイや手間がが掛かるわりには納得できる実感が得られませんでした。

3か月は何とか続けてみましたが、こうした3つの理由から結局何の結果も得られず止めざるを得ない状態となりました。自作の育毛剤を作る際、たくさんの材料を入れればより良いものになるとも限らないことが分かりました。根気が必要な自家製育毛剤。試される方は覚悟をもってのぞんでください。

このページの先頭へ